2014年4月12日土曜日

神山 (箱根)

2014/04/12  (画像クリックすると拡大表示します)       
[標準コースタイム]
箱根ビジターセンター-(0:55)-大涌谷-(0:25)-早雲山分岐-(0:05)-駒ガ岳への分岐-(お中道)-(0:55)-防ケ沢分岐-(0:45)-神山-(0:35)-防ケ沢分岐-(0:15)-姥子分岐-(0:40)-防ケ沢-(0:15)-湖岸歩道-(0:20)-湖尻-(0:15)-箱根ビジターセンター

*標準コースタイムとして不明な区間は実際の所要時間をもとに記述しました。
---
[標高] 神山 1438m
---
桃源台駅近くの箱根ビジターセンターに車を停めました。
海抜は768mとのこと。
道を挟んで向こう側に「野鳥の森」とか「子供の広場」とか、広い敷地があるようですが、こちら側だけでも気持ちの良いところです。


「大涌谷-湖尻自然探勝歩道」を歩きます・・・・初めのうちは舗装。
これは5分ほど歩いた地点の地図抜粋・・・・右のほうに現在地のマークあり。
細かい所要時間も記述されています。

途中、ロープウェイのケーブルをくぐります。
大涌谷まで地図ではほぼロープウェイに沿った道ですが、くぐるのは1度だけです。

ついでにこれはその先の大涌谷への地図抜粋。

木立の綺麗な整備された道が続きます。
大涌谷まで、小さい子供連れの家族には最適のハイキングコースでしょう。

噴煙と冠ケ岳が見えてきました。

大涌谷到着・・・・すでに車と人が沢山来ています。
歩き始めて1時間くらい経過。

ここからは観光客と別れて神山へ。
途中から見た明神が岳とロープウェイ

噴煙帯を抜け、アセビの繁る森に入ります。

早雲山からの道と合流
神山へ向かうには、標識に従って直進するのが普通・・・・最短コースです。途中には冠ケ岳山頂への道もあります。

今回はここで早雲山方面に5分ほど行き、「駒ガ岳へ80分」の標識に従って、「お中道」と言うルートに入りました。
文字通り神山の中腹を巻きながら神山と駒ガ岳の鞍部に向かいます。

間もなく小田原方面の視界が開け、左遠方には明神岳が見えてきます。
アセビの目立つ低木帯を15分くらい歩き、植林帯に入りました。


植林帯を抜けると左に駒ガ岳、右には神山が見え、丈の高い草原ふうの道になります。

緩く登り始めるとブナが目立ち始め、足元にはバイケイソウが芽吹いていました。

登山道にも生えていて、うっかりすると踏みつけそうです。

防ケ沢分岐に到着・・・・十字路になっていて、直進は防ケ沢(芦ノ湖方面)、左は駒ヶ岳山頂へ。
右折して神山山頂へ・・・・道はやや歩きにくいところが多くなり、石がゴロゴロしています。

山頂到着・・・・まわりは樹木に遮られてほとんど眺めは無し。

駒ヶ岳の山頂付近だけが見えるところで昼食
このまま大涌谷方面に下るのが最短ですが、まだ11時で時刻も早いので当初の予定通り、防ケ沢分岐まで戻ることにしました。

防ケ沢分岐から芦ノ湖方面へは、駒ヶ岳の西面を見ながら、緩い笹原の道が続きます。

道の下り傾斜が増して芦ノ湖が見えてきます。
立派なアセビが沢山の花を付けていました。

僅かに植林帯を通過すると、丈の高い木が目立つようになり、交通量の多い車道(75号線)に出ました。

少し右に歩いたところから湖岸歩道への下り口があります。
途中で流れに沿って歩く沢が防ケ沢のようです。

湖岸歩道(舗装)に出て、左に湖面を見ながら歩き、湖尻に到着。
その先の桃源台駅からはビジターセンターまで歩道があります。

0 件のコメント:

コメントを投稿